• がん治療

患者さまへ

がん治療

彩都友紘会病院のがん治療

彩都友紘会病院は、大阪府茨木市と箕面市にまたがる国際文化公園都市「彩都」において2007年9月に、西日本初の「がん治療」に重点を置く民間病院として開院し、その後2010年5月に緩和ケア病棟開設、さらに同年10月には「がん専門病院」の認定(民間病院としては日本で2番目)を取得しました。

「なるべく切らずにがんを治療する」のが当院のテーマであり、最新の放射線治療装置を始めとする設備を導入しています。患者への癒しの一助となるように天文台や屋上サンルームなども備え、病院外観や内装にも工夫を凝らし、ホテルのような暖かみのある建物となっています。

当院は、腫瘍内科、腫瘍外科、放射線科、緩和ケア科などの9診療科、204床(一般164床、緩和ケア40床)を有し、常勤医師15名、非常勤医師35名、総職員数約240名が在籍しています。 従来、日本ではがんに対して手術療法が中心でしたが、医療技術や医療機器の発達とともに、手術ができない患者でも治療効果が十分期待でき、化学療法や放射線治療また血管内治療などの非観血的治療がなされるようになりました。

当院におけるがんの治療は、手術療法、化学療法、放射線治療、血管内治療そして温熱療法などがそれぞれ単独もしくは組み合わせながら集学的がん治療が行われています。またがん患者さんの疼痛、呼吸困難感、嘔気・嘔吐、全身倦怠感、不安・不眠・焦燥感などの精神症状改善のため緩和ケアにも非常に力を入れています。 また大病院での手術後に再発して来院される方も多いため、そのような患者さんに長生きしていただくためにどのようなケアをしていくかといったことも、当院の役目です。

具体的な治療方法