人とよりそうひらかれた病院
新着情報
April
02
May
29
当院における限局性前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)の治療成績です。
これは2008年2月~2016年8月までにIMRTを施行した406名のまとめとなります。
  • 年齢は49歳~88歳(平均72歳)
  • 高リスク群220名
  • 中リスク群141名
  • 低リスク群44名
  • 不明1名

死亡は406例中4例、5年生存率97.8% お亡くなりになった方は4例おられますが、前立腺癌が原因で死亡された方はおられませんでした。

粗生存率.png

IMRT後のPSA再発


PSAの再上昇を認めたが、画像等では特定できないPSA再発は7例(1.7%)に見られました。
臨床的再発(画像や症状で特定される再発)をきたした方はおられませんでした。
5年無再発生存率95.5%

無再発生存率.png

晩期副作用について


消化器系の晩期副作用(血便など)は47例(11.6%)、このうち治療を要するもの(≧Grade 2)は7例(1.7%)でした。 また、IMRT終了後3年以降に晩期副作用(血便など)を発現された方はおられませんでした

消化管晩期有害事象.png

尿路系の晩期副作用(血尿など)は18例(4.4%)、このうち治療を要するもの(≧Grade 2)は7例(1.7%)でした。 また、IMRT終了後4年以降に晩期副作用(血尿など)が発現された方はわずかですがおられました。

尿路系晩期有害事象.png

April
17

上森表彰状.jpg

日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017(平成29319日開催)において上森美和子薬剤部長がベストポスター賞を受賞しました。


演題名:「オキサリプラチンによって生ずる血管痛に対するリドカイン併用における安全性確認試験」



April
10
March
23
日本放射線腫瘍学会では放射線治療に関する疑問をわかりやすく3部構成の動画で説明を行っています
皆様に「がんの放射線治療とはどのようなものなのか」を知っていただき、がん治療の選択肢を一つでも多く持っていただきたいと思います。
なお、一部内容は当院で行われていないものや当院にはない装置があります。あくまでも放射線治療に関してを皆様に理解していただくための映像なので、詳細は当院の放射線治療担当医にご相談ください


Scene01./ ご存知ですか? がんの放射線治療

放射線治療という言葉を初めて耳にした方や放射線治療と検討しているものの、放射線治療とはどの様なものなのか?放射線治療の特徴や概要を知っていただけます



Scene02./ これが最新の放射線治療

治療の仕組みや種類について解説しているほか、合併症や費用についても触れており、放射線治療についてより深く知っていただける映像です。当院でも行っているIMRT(強度変調放射線治療)という体に負担の少ない治療法についてもお伝えしています



Scene03./ 密着!放射線治療 自分らしく生きるために

放射線治療を受けた患者3名の体験をご覧いただけるようになっています
治療を受けられる様子、治療前後のお気持ちを観ていただくことで、実際の治療がどのようなものか、少しでも知っていただけるのではないかと思います


放射線治療についてもっと知りたい方は放射線治療対するQ&A用語・略語集も併せてご覧ください

このページは公益社団法人 放射線腫瘍学会(JASTRO)から許可を得て、動画や内容を共有しております。

Copyright © Saito Yukoukai Hospital. All Right Reserved.