人とよりそうひらかれた病院

薬剤部

私たち薬剤師は、医薬品のジェネラリストでありスペシャリストを目指して、チーム医療の一員として常に病棟にいて、医師・看護師・コメディカルと情報を共有し患者さんが安心安全に治療を受けることができるよう薬物治療および医療安全に関わっています。

スタッフ体制

具体的な取り組み

調剤

外来患者さんは原則として院外処方箋を発行しています。電子カルテ、調剤支援システムにより、調剤、処方チェックを行い、医師に確認を行います。

院内製剤

製品化されていないが、治療上必要な製剤を、倫理委員会を通して院内製剤を調製しています。


注射薬調剤

電子カルテから入力された処方データより、注射自動払い出し装置を用いて、患者さん毎に注射薬をセットし払い出しています。

注射剤無菌調製

抗がん剤のプロトコール管理および無菌混合調製を薬剤部内にある安全キャビネットにて全て薬剤師が行っています。
各病棟にはクリーンベンチがあり、一般注射薬無菌調製も行っています。

麻薬管理

抗がん剤治療をうけておられる患者さんへの緩和ケアの早期介入、緩和ケア病棟の患者さんへの関わりを通じて、患者さんの適正使用・薬品管理につとめています。

医薬品情報管理

院内採用薬のみならず、治験薬や臨床試験薬など医薬品情報を収集し、医師・看護師等医療スタッフや患者さんからの問い合わせに対応しています。また、医薬品の副作用情報を医師に提供するとともに、採用薬品集やDrug Informationを院内Webで閲覧できるようにしています。

薬剤管理指導・病棟薬剤業務

入院患者さんの持参薬確認、服薬指導、薬歴管理、医師や看護師への処方提案や情報提供を行うことで薬物療法の向上に貢献しています。さらに、病棟薬剤業務加算が実施されて、医師の継続処方オーダー支援にも積極的に関わっています。

治験・臨床試験

新しい医薬品の開発や治療のための臨床試験や医師主導型臨床試験において、安全に正確なデータが得られるよう支援しています。

食事例01
食事例02
食事例03

薬学部実務実習

薬学部6年制に伴い、2009年度の第1期から毎年、薬学部5回生の病院実習を受け入れ、薬剤部内の業務以外に病棟活動や、外来診察、放射線診断・治療、アンギオなどの見学や他コメディカルの業務説明や地域連携室や医事科スタッフの業務についても学んで頂いています。

各種委員会への参加

薬事委員会をはじめ、医療安全・緩和ケア・感染対策・NST・褥瘡など各種委員会へ参加しチーム医療に貢献しています。



受賞

上森表彰状.jpg

平成29年3月19日:日本臨床腫瘍薬学会学術大会2017,上森美和子薬剤部長,ベストポスター賞受賞

Copyright © Saito Yukoukai Hospital. All Right Reserved.