人とよりそうひらかれた病院

温熱療法

温熱療法は、がん細胞が正常細胞と比べて熱に弱いという性質を利用した、がんの治療法です。当院の温熱療法は、ラジオ波誘導型加温(山本ビニタ社製 サーもトロンRF-8)を用いて加温し、42.5℃を境に細胞致死効果が高まります。また温熱療法によって免疫機構が強化されることも明らかになっています。

温熱療法は、抗がん剤や放射線治療のような副作用はありませんが、一過性の熱感、疼痛などがあります。痛みなど、不快な症状が現れましたら早めにお知らせ下さい。

治療方法

治療台に寝ていただき、上下の電極で患部をはさみます。体型やその日の体調に応じた高周波をあて約40分間加温します。

当院での取り組み、特色

一般的な温熱療法のほかに、進行肝細胞がん、多発肝転移に対して、DSM(ジャガイモ澱粉の粒)という一次的塞栓物質を用いた温熱化学塞栓療法という特殊な治療を行っています。

血管内治療の技術によって肝動脈内にカテーテルを留置し、週に1回、抗がん剤とDSMを肝動脈に注入し、直後に温熱療法を行います。DSMは約1時間、血流を遮断するため、抗がん剤は高濃度のまま肝内に留まり、さらにがん組織の温度が上昇しやすくなり、化学塞栓と温熱の相乗効果が期待されます。

具体的な効果

温熱による細胞致死効果、免疫力の活性化により、がん細胞の増殖が抑制されます。
また温熱療法を併用することによって、化学療法や放射線治療・免疫療法の治療効果を高めます。それにより抗がん剤の使用量を減らして副作用の少ない治療を行うことが可能になります。また、食欲増進や良眠など生活の質も向上します。

温熱治療認定施設


当院の温熱治療は2016年9月1日付けで日本ハイパーサーミア学会から認定施設と承認されました。
認定期間は2016年9月1日から2021年9月30日までの5年間です
また学会や研究会で温熱治療に関する発表も積極的に行っております

治療実績

温熱療法件数

Copyright © Saito Yukoukai Hospital. All Right Reserved.