人とよりそうひらかれた病院

化学療法

全身に広がっていると考えられるがん細胞を、薬【抗がん剤】により攻撃するのが化学療法です。がんは手術で切り取っても目に見えない小さながん細胞が残っていたり、すでに他の部位に転移している場合があるので、手術や放射線療法と組み合わせて行ったり、手術の前にがんを小さくするために行われることもあります。

これまでは入院して行われなければならなかった抗がん剤による治療の一部が、治療技術の進歩や副作用の軽減により、外来通院で行えるようになりました。外来での抗がん剤治療をより安全に行うために当院でも外来化学療法センターを設置しています。

化学療法
化学療法センター室内

化学療法センター

外来通院でのがん化学療法のメリット

当院は2010年11月にがん専門病院の施設基準を取得、2012年4月には大阪府がん診療拠点病院の指定をうけました。より快適な環境で治療を受けていただけるよう、日々、努めています。

スタッフ

化学療法センター長 杉浦 孝司医師

  • 外来看護師......3~4名
  • 専任薬剤師......1名

設備

  • ベッド......3床
  • リクライニングチェア......5台
  • マッサージチェア......4台

腫瘍内科医、腫瘍外科医、薬剤師、看護師がチームを組み、それぞれの専門性を活かして安全で質の高い治療・看護を目指しています。

安全のための取り組み

リラックスして治療をお受けいただくために

治療実績

化学療法疾患別プロトコール適用件数

Copyright © Saito Yukoukai Hospital. All Right Reserved.